3Dスキャナ

3Dスキャナは、実際のモノを撮影して3Dデータを作成するツールです。
検査・測定で使われることもあることから、「非接触三次元測定機」とも呼ばれます。

一般的に撮影したデータは、点の集まり=点群データになります。

活用方法として、その点群データと設計した3Dデータを比較して検査を行うことができます。

アルファベットで、CAT(キャット)=Computer Aided Testing と呼んでいます。

もう1つの活用法として、点群データに面を貼り3DCADデータを作成します。

そうすることで、設計に利用したり、CAEやCAMに利用することができます。

一般的に、これをリバースエンジニアリング(RE)と呼んでいます。

また、点群からSTLデータに変換・修正を行い、3Dプリンタで造形するなど、様々な活用方法があります。

3Dスキャナシステム

3Dスキャナの活用事例
  • 現物からスペアパーツを製作
  • 良品の金型をデジタルデータ化して保管
  • 金型の摩耗具合を検査
  • 組み付けた状態のアセンブリ製品を評価検査
  • 3Dプリンタでコピー品、ミニチュアの作成
  • 文化財のデータ保存と3Dプリンタで模型作成
必要な機器とソフトウェア
  • 3Dスキャナ機器
  • 点群・STL編集ソフトウェア
  • 検査用ソフトウェア
  • リバースエンジニアリング用ソフトウェア

その他、ハイスペックPC、補助記憶装置など

3Dスキャナの種類
  • 接触式 or 非接触式
  • パターン光 or レーザー光
  • 設置タイプ or ハンディタイプ
  • 色あり or 色なし
  • マーカーが必要 or 必要なし
  • パウダーが必要 or 必要なし
代表的な3Dスキャナメーカー
  • カールツァイス
  • 東京貿易テクノシステム
  • 丸紅情報システムズ
  • ミツトヨ
  • Nikon
  • FARO
  • HEXAGON
  • Breuckmann
  • 東京精密
  • キーエンス
3Dスキャナの落とし穴
  • 透明や黒色、光沢のある素材はスキャンできません。※機種による
  • 全ての形状を完璧にスキャンできません。
  • カタログスペックだけでは、性能が分かりません。
  • 操作する人のテクニックが必要です。
  • スキャン=3DCADデータではありません。

点群・STL編集ソフトウェア

主な機能
代表的な点群・STL編集ソフトウェア

・Meshmixer ※無償
・MeshLab ※無償 (英語)
・GOM Inspect ※無償 or 有償

・Geomagic Wrap
・Geomagic DesignX
・Geomagic Freeform
・spScan

・Magics
・PolyWorks
・netfabb

検査ソフトウェア

主な機能

代表的な検査ソフトウェア

スキャンデータと3DCADデータとを比較します

・GOM Inspect  ※無償 or 有償
・spGauge

・PolyWorks Inspector
・Geomagic Contorol
・Power Inspect

リバースエンジニアリング ソフトウェア

主な機能

代表的なリバースエンジニアリング ソフトウェア

・spScan
・Geomagic DesignX
・Geomagic Wrap

・PolyWorks Modeler
・TSV-ReverseZ
・MIRAGE SHAPE

3Dスキャナまとめ

  • 3Dスキャナは万能の機械ではありません。
  • 3Dスキャンデータは、点群・ポリゴンデータです。
  • 検査やリバースエンジニアリングを行いたい場合には、ソフトウェアが必要になります。
  • 3Dスキャナを活用するには、テクニックや工夫といったノウハウが必要になります。
  • 機器・ソフトウェアの導入・購入をする場合には、カタログのスペックだけではなく、実際に測定してみて選定することをオススメします。

より詳しく相談したい方は、こちら ⇒ お問合せフォームへ