三次元測定機器関係まとめ一覧(岩手県)

岩手県内の工業技術センター、支援センター等の公的施設で機器利用可能な三次元測定機器関係についてまとめています。各施設には他にも分析装置・試験機など様々整備されています。

岩手県内の公的施設 もくじ
岩手県工業技術センター
花巻市起業化支援センター
北上市産業支援センター
奥州市鋳物技術交流センター

岩手大学 釜石ものづくりサテライト
いわてデジタルエンジニア育成センター

岩手県工業技術センター


画像処理測定顕微鏡
 HyperQV404-PRO(株)ミツトヨ メーカーカタログ-P11

レーザー三次元測定器 三鷹光器製 NH-3SP

3Dデジタイジング装置 Carl Zeiss製 COMET6_16M

金型デジタイジング装置 (株)ミツトヨCrysta-Apex C776

マイクロフォーカスX線CT装置  エクスロン・インターナショナル㈱  Y.Cheetah uHD

その他、岩手県工業技術センターの保有設備・お問合せについては、下記URLへ
http://www2.pref.iwate.jp/~kiri/

花巻市起業化支援センター

装置名 デジタルマイクロスコープ
メーカー (株)キーエンス
型式 VHX-900
使用料 1時間 100円
9:00~17:00 600円
9:00~翌日9:00
概要  工業部品や製品の表面や形状を比較的簡単に観察する機器。
実態顕微鏡よりも被写界震度が大きく、凹凸の大きな被写体を観る・取る・計ることが出来ます。 3D観察も可能。
【仕様】
・拡大倍率:20~200倍(ズームレンズ)
・寸法測定:可能
・データ保存:USBメモリー・CD-R等

装置名 CNC三次元測定機 ※新型導入
メーカー ミツトヨ
型式 CRYSTA/ApexS776
使用 料 1時間 400円
9:00~17:00 2,000円
9:00~翌日9:00
概要  工業製品や部品の三次元(タテ×ヨコ×高さ方向の)寸法や形状を数マイクロメートルの精度で測定する装置。
【仕様】
・測定範囲;X=700,Y=700,Z=600mm
・最小表示量;0.0001mm
・長さ測定誤差;E0.MPE=1.7+3L/1000
・積載制限;最大高さ800mm、最大質量800kg

その他、花巻市起業化支援センターの保有設備・お問合せについては、下記URLへ
http://iphc.jp/incubate/equipment/index.html

北上市産業支援センター

三次元座標測定機 カール・ツァイス製 UPMC850 S-ACC
主な仕様
1. 測定範囲 X 軸 850 ㎜ Y 軸 850 ㎜ Z 軸 600 ㎜
2. 測定物 最大高さ 640 ㎜ 最大質量 1,500 ㎏
3. 分解能 0.08 ㎛
4. プロービング方式 ポイント測定、スキャニング測定、CNC自由曲面測定
5. 測定温度環境 通年 20±1℃保持

機器の紹介 「三次元測定機」

3Dスキャナ   GO!SCAN50    取扱メーカー:システムクリエイト

ハンディで持ち運び可能な高精度 3Dスキャナーです。製品開発、CAD用3Dスキャン、デザインやスタイリング、設計用途にも最適な3Dプリンター向けのスキャナーです。
色情報を素早く取得できるのが特徴です。

その他、北上市産業支援センターの保有設備・お問合せについては、下記URLへ
https://kop.jp/mono/equipment.html

奥州市鋳物技術交流センター

鋳物関連企業の発展を図るため、工芸鋳物、機械鋳物、景観鋳物の需要拡大と品質向上に結びつく試験研究、製品試験、商品開発の場を提供し、また、鋳物産業の技術者の確保と技術向上を図るため、鋳物づくり及び生産技術習得ができる施設です。試験機・分析装置など色々と整備されています。
詳しくはHPへ:http://www.oshu-sangyo.jp/industrial/imono-center.html

岩手大学 釜石ものづくりサテライト

(公財)釜石・大槌地域産業育成センター内に設置されている岩手大学の釜石ものづくりサテライトに三次元測定機をはじめ、5軸マシニングセンタなどの機器が整備されています。

3次元測定器 ミツトヨ  CRYSTA-Apex S776
https://www.mitutoyo.co.jp/support/service/catalog/01_zahyo/16004.pdf

いわてデジタルエンジニア育成センター

非接触3次元測定機 COMET5 4M

空間コード化法と三角測量を測定原理とした非接触三次元測定機です。
縞模様のパターンを投影することで領域を特定し、CCDカメラで画像を取込み、測定対象物の表面形状を点群データ(STL)として出力できます。

いわてデジタルエンジニア育成センターの保有設備・お問合せについては、下記URLへ
https://kop.jp/ide/factory.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加