3DCADソフトウェアの選び方

3DCADとは

  • Three Dimensions Computer Aided Design
  • 3次元コンピュータ支援設計と訳されます。
  • 簡単に言うと、パソコンで立体をつくる設計の道具です。
  • 干渉チェックや質量計算、組立検証、図面化などが行えます。
  • 作成した3DデータをCAMやCAEに活用できます。

3DCAD価格帯別分類

分類 機能 価格 ソフト名
ハイエンド AA 数百万円 CATIA、NX
ミッドレンジ A 百万円 SOLIDWORKS、SolidEdge、iCAD
ローエンド BB 数十万円 ZW3D、InventorLT
エントリー B 数万円 Fusion360、Onshape
無償 C 0円 FreeCAD、DesignSpark

導入コストの考え方

ライセンス費
  • ノードロック、スタンドアローン、ドングル、ネットワークライセンス、
  • フローティングライセンス、サブスクリプションサービス
保守費
  • バージョンアップ費
サポート費
  • 困ったことがあった場合に電話やメールなどで問い合わせ可能
パソコン購入費
  • ハイスペックなマシンが必要
教育費・コンサルティング費
  • 独学での習得は難しいので、トレーニングを受けることをオススメします
  • 岩手県内でのセミナー開催情報 ⇒ いわて3D通信

購入する場合の例

ミッドレンジの場合

  • 購入時(1年目)
    • ライセンス費:100万円
    • 保守費用:20万円
    • サポート費:20万円
    • 専用PC:30万円
    • 基礎教育:20万円
    • コンサル:50万円
    • 合計 240万円
  • 2年目以降
    • 保守費用:20万円
    • サポート費:20万円
    • 合計 40万円

自社のニーズを確認する

自社は何をつくっているのか
  • デザイン、機械設計、設備設計など
外部とのデータのやり取り
  • データ形式や共通性、変換能力など
用途は何か
  • 単品部品の加工、製造、アセンブリ設計など
拡張性
  • 解析やCAMなどのオプション機能の有り無し

情報の集め方

  • Web・ネットで調べる
  • 体験版のダウンロード
    • Web上で体験版をダウンロードできるものや、商社、販売代理店に問い合わせると貰えるものがあり、約30日間、無料で試してみることができます。
  • 展示会・セミナーへの参加
  • 販売代理店へ問合せ

※サイト管理人の私まで相談頂いてもOKです。

3DCADの選び方(初級編)

サーフェスとソリッド
  • サーフェスは厚みを持たない面で構成され、ソリッドは体積を持つ立体形状になります。
  • サーフェスは曲面を作成するのが得意で、ソリッドは平面的な形状を作成するのが得意です。
  • サーフェス系の3DCADとソリッド系の3DCADと分かれます。
  • 最近は両方できる3DCADが一般的ですが、ソリッドは得意だけど、サーフェスが苦手という場合もあります。
  • 自社の用途にあったものを選ぶ必要があります。
  • 例えば、デザイン系⇒サーフェス、メカ系⇒ソリッド

 ソフトウエアの品質特性

国際規格 ISO/IEC 9126-1 ⇒ JIS規格 JIS X 0129-1

① 機能性 ・・・ 目的を実現するための機能が揃っている

② 信頼性 ・・・ バグの少なさ、正常に動作し続ける

③ 使用性 ・・・ 使い勝手の良さ、操作画面のわかりやすさ

④ 効率性 ・・・ 処理能力が早い、応答時間が短い

⑤ 保守性 ・・・ 修正のしやすさ、保守費用

⑥ 移植性 ・・・ 別環境への移しやすさ

 まとめ

  • 3DCADを選ぶ場合には、協力企業との連携も考えて導入する必要があり、データの互換性が上手くできるかを考慮する必要があります。また、設計変更があった場合に形状の変更が行いやすいかも、1つのポイントになってきます。
  • その他、使いやすさ、保守費用などのランニングコスト、サポート面なども考慮して選ぶ必要があります。
 より詳しく相談したい方は、こちら ⇒ お問合せフォームへ