岩手県内で開催されるセミナー情報については「いわて3D通信」へ

「ギガキャスト」「ギガプレス」について調べてみました

2023年の自動車業界で注目のキーワードとして、「ギガキャスト」「ギガプレス」がありました。今回、色々とWEB検索した結果をまとめてみました。

ギガキャストとは、これまで複数のプレス部品をスポット溶接などで繋ぎ合わせて複数の車体パーツで構成されていたボディ構造を大型の鋳造設備で1つのパーツとして成型し巨大な車体部品を作ろうというものです。

日本では、トヨタ自動車がEV「bZ4X」の後部パーツに関して、86個の部品を1部品、33工程を1工程に集約する取り組みが進められています。また、組み立てラインの自走方式の導入の試みもあります。

画像:トヨタ自動車公開資料より

アイシンの中長期事業戦略の資料にも記載がありました。

https://www.aisin.com/jp/investors/settlement/Mid%20Long-term%20IR_presentation.pdf

ギガキャストのメリットとして、部品の数を減らせることによる、すり合わせの時間短縮や工場の生産ラインの簡素化や組付けスペースの削減、アルミ材料の活用による軽量化やコスト削減が期待されています。

デメリットとしては、損傷時の修理代が高くなることが考えられたり、設備投資や電力消費も高いことからコスト低減が難しいとも言われています。

取り組みを最初スタートしたのは、アメリカのテスラです。

YouTubeに公開されている工場動画は圧巻です!

ギガキャストを行うギガプレスのマシンのメーカーには、イタリアの「IDRA」があります。

今回のギガキャストについて、WEB検索して分かりやすく、参考にしたサイトを記載します。

テスラのギガキャスト技術のメリットとデメリット
テスラが導入した革新的な技術「ギガキャスト」は、大型機械「ギガプレス」を利用して一度にアルミニウムの部品を作成することができるものです。ギガキャストの実現で、自動車の製造は大きく変わると考えられています。この記事では、ギガキャストの概要と、
テスラのダイカスト技術メガキャスティング【ギガプレス】 | マテリアルデザイン
テスラのダイカスト技術メガキャスト、ギガキャスト(ギガプレス)について鋳造エンジニアが説明します。イタリアのイドラグループがダイカストマシンを製造し、テスラが車体用フレームを製造する。ギガプレスでつくられるもの、メリット・デメリットについて、詳しく紹介します。
ギガキャストがトヨタの次世代BEVのボディ構造を変える!どんな技術なのか?
トヨタは、TOYOTA TECHNICAL WORKSHOP2023でさまざまな新技術・先行開発を披露した。そのなかで次世代電池と並んでひときわ注目を浴びたのが「ギガキャスト」である。「クルマ屋が考える最適形状を高い生産性の一体成形で実現」するアルミダイカスト技術だ。 TEXT:鈴木慎一(SUZUKI Shin-ich...

タイトルとURLをコピーしました