ANSYS Discovery~設計者の解析が変わる!CADモデルを編集しながらリアルタイムに解析結果を表示!!

ANSYS Discoveryシリーズは、ダイレクトモデラー「SpaceClaim(スペースクレイム)」を軸とした3次元CADとCAEが一体化した、全く新しい設計者向け製品です。
3次元で設計したCADモデルを瞬時に解析し、すぐに結果が検証できることで、初期設計の開発コストを大幅削減することが可能です。

ANSYS Discovery Live - インタラクティブな形状

設計と解析を統合させたシミュレーションツールであり、3Dモデルを変更させた瞬間に解析結果がリアルタイムに表示される圧倒的な解析スピードが最大の特長です。
その特徴の理由として、GPUがメッシュを自動的に作成してくれるため、ユーザーはメッシュ作成作業を意識せずに解析をすることができるのです。

製品群

ANSYS Discovery SpaceClaim:3次元ダイレクトモデラー
・直感的に素早くモデリングできるDiscovery SpaceClaimを搭載
・シミュレーションや製造加工用にジオメトリを作成、編集、修復
・多数の形式に対応したCADデータ入出力機能

ANSYS Discovery Live:対話型瞬時シミュレーションツール
・リアルタイムにシミュレーション結果が得られるDiscovery Live搭載
・構造/伝熱/流体解析に対応
・STL編集機能も利用可能

ANSYS Discovery AIM:マルチフィジックス解析ツール
・ANSYSハイエンド製品のソルバーを利用するDiscovery AIM搭載
・構造/伝熱/流体/電磁場/樹脂流動/連成解析および最適化解析に対応

ANSYS Discovery Live Product Features

ANSYS Discovery Liveは、製品開発プロセスのための破壊的なソフトウェアです。設計者は、シミュレーションの利点を体験し、より多くの設計コンセプトを繰り返し、以前は不可能だった新しいアイデアを発見できます。シミュレーションの解決の速さと使いやすさにより、このツールは3Dで作業し、デザインがどのように実行されるかを知る必要がある人にとって理想的です。

ANSYS Discovery Live Product Features

岩手県での講習会のお知らせ

ANSYS Discovery 体験セミナー

設計において、解析シミュレーション(CAE)による事前検証は、
QCD向上を図る上で必要不可欠なものとなっています。

ANSYS Discovery Live は対話型解析、
すなわち形状や条件を変更すると直ちに解析結果が表示される、
これまでのCAEの概念を覆すまったく新しいシミュレーションツールです。
構造も空間もメッシュ分割が不要で、
設計者の思考を妨げない簡単・柔軟・堅牢、
三拍子揃った設計のための道具として開発されています。

本セミナーでは実際にDiscovery Liveで流体解析や構造解析を実施いただき、
圧倒的な計算スピードと直感的な操作性を体験していただきます。
短時間で基本的な操作を習得できますので、
ANSYSやCAEの経験がまったく無い方のご参加も歓迎いたしますので、
ぜひ、この機会に御参加ください。

日時:2019年9月27日(金)10:00-17:00
会場:いわてデジタルエンジニア育成センター
講師:アンシス・ジャパン株式会社、サイバネットシステム株式会社

プログラム
〇 ANSYS Discovery製品のご紹介
『しきいが高い…』と敬遠されがちな解析ソフトですがDiscoveryは違います。
『誰でもすぐに使うことができる』という製品の特長を顧客様の活用事例を交えながらご紹介いたします。
〇 ANSYS Discovery製品の操作体験
まずは3D CADデータを思いのままに形状変更してみましょう。
履歴がなく操作が簡単なモデリングツールDiscovery SpaceClaimを体験して頂きます。
続いてDiscovery Liveで『あっ!という間の解析』を体験して頂きます。
面倒な準備、長い待ち時間は不要のまさに未知の体験です。
最後にDiscovery AIMでもう少しだけ高度な解析を体験して頂きます。
3Dプリンタと相性ぴったリのトポロジー最適化についてもご紹介いたします。

定員:10名(多数の場合は選考となります)
申込期限:2019/9/20(金)まで
受講料:無料
【PDF】http://urx.space/YY0d
【申込】https://goo.gl/forms/7TTvyQdZzEuIp98Q2

ANSYS Discovery とは
ANSYS Discoveryシリーズは、SpaceClaimを軸とした3次元CADとCAEが一体化した、
全く新しい設計者向け製品群です。
3次元で設計したCADモデルを、一般的なCAEとは桁違いのスピードで瞬時に解析。
すぐに結果を検証することで、初期設計の開発コストの大幅削減に貢献します。
詳細設計、検証の前段階でより洗練されたアイディアを導き出すことが可能です。
後工程で起こりうる設計不良の問題を事前に見つけることができます。
後工程での手戻りを劇的に削減することができるため、大幅なコスト削減を実現できます。

機器利用できる施設

岩手県北上市にある「北上市産業支援センター」で機器利用できます。
北上市産業支援センター ⇒ https://kop.jp/mono/
詳細については、こちら ⇒ https://kop.jp/mono/img/file127.pdf
技術的な相談については、いわてデジタルエンジニア育成センターへ ⇒ https://kop.jp/ide/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加