SOLIDWORKS Plastics~設計者向け射出成形シミュレーション(樹脂流動解析)ソフトウェア

SOLIDWORKS Plasticsは、ミッドレンジ3次元CAD SOLIDWORKSに統合された、設計者向け射出成形シミュレーションソフトウェアです。設計モデルの射出成形過程での溶融樹脂の流れを可視化し、部品や金型の不具合予想ができます。設計時に製造効率の評価ができ、成形・金型設計改善、市場投入までの期間短縮が可能です。

SOLIDWORKS公式ホームページ
https://www.solidworks.com/ja/product/solidworks-plastics

【樹脂流動解析】SOLIDWORKS Plasticsでの充填の様子

製品詳細

SOLIDWORKS Plastics Standard

エアトラップ、ショートショット、ウェルドライン、充填、ヒケ&ヒケマーク

プラスチック部品設計者向けで、設計初期段階で部品を製造用に最適化が可能。SOLIDWORKSにアドオンするので、習得が簡単で、設計の形状、適合性、機能を最適化すると同時に設計案を解析および修正可能。

SOLIDWORKS Plastics Professional

マルチキャビティ、ランナー最適化、冷却時間、インサート成形、オーバーモールド

金型設計者および金型メーカー向けで、正確かつ使いやすい方法で金型の最適化が可能。スプルー、ランナー、ゲートを含む、シングルキャビティ、マルチキャビティ、および組み合わせ金型のレイアウトをすばやく作成&解析。さらに、ランナーシステムのバランスを調整し、サイクルタイム、型締力、ショットサイズを予測し、フィードシステムの設計を最適化可能。コストのかかる金型の作り直しを軽減。

SOLIDWORKS Plastics Premium

ソリ、冷却

Professionalの解析機能に加えて、ソリおよび金型冷却の影響も検証可能。材料検討や製造プロセスにも影響するソリに関する問題も効率的に検証可能。また、最適な金型の冷却ラインを検討し、製造コストと納期を削減。

セミナー開催のお知らせ

SOLIDWORKS Plasticsを活用したプラスチック部品設計のコツ教えます!!
樹脂流動解析セミナー

樹脂流動解析を業務内に上手く取り込めると、成形、金型設計・改善から市場投入までの期間短縮等様々なメリットを得られます。実際の操作体験では世界トップのシェアを誇るSOLIDWORKSに不随するSOLIDWORKS Plasticsを使用します。座学も併設しておりますので、今後樹脂流動解析の運用を視野に入れておられる方におすすめのセミナーです。

開催日時:2019 年1024日 (木) 10:30~16:00
開催場所:いわてデジタルエンジニア育成センター(岩手県北上市)
講師:株式会社CAEソリューションズ(https://www.cae-sc.com
内容
・最近のプラスチック業界の動向
・プラスチック部品における品質向上のための設計・改善方法
・樹脂流動解析のアプローチ方法
・事例紹介~導入に関する費用対効果、コスト削減など
・SOLIDWORKS Plasticsの紹介と操作体験実習
受講料:無料
定員:12名 (多数の場合、選考あり)
【PDF】https://kop.jp/ide/img/SW-PlasticsSeminer.pdf
【申込】https://goo.gl/forms/7TTvyQdZzEuIp98Q2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加