3Dプリンタで造形するまでのプロセス

3Dプリンタで造形するには、3Dデータが必要になります。

一般的に3Dデータは、3DCADというソフトを使用して作成します。

他にもCGソフトや3Dスキャナ、写真データから3Dデータを作成できるソフトもあります。

また、インターネットのサイトからダウンロードすることもできます。

3Dデータを3Dプリンタのドライバーに読み込んできて、データを配置しサポート材の検討や造形ピッチ、スピードなどの調整を行います。

その後、時間と材料費の見積もりを行い、造形をスタートさせ、出来上がったものを後処理を行い、完成となります。